オンラインカジノバカラの基礎知識とルール・ゲームの流れ

バカラのルール

バカラはルールさえ覚えれば非常にシンプルで面白いゲームです。
また、それほどしっかりとバカラのルールを覚えていなかったとしても、基本的には50%の確率で勝つことができるゲームなので、オンラインカジノで初心者の方がすぐにプレイする事もできます。

バカラの細かいルールについてはこの後詳しくご説明しますが、まずはざっくりと理解してみましょう。
まずはじめにディーラーが『プレイヤー』側と『バンカー』側にそれぞれカードを2枚ずつ伏せて配ります。
それぞれのカードをめくってカードの合計の数字が『9』に近い方が勝ちというのがバカラです。

カードの合計が10を超えた場合は0に戻ります。
例えばバンカーに配られたカードが『6』と『8』だったとします。
この場合、バンカーは『4』になるのです。

つまり、バカラは『9』が一番強い数字で『0』が一番弱い数字なんだという事をまずは覚えてください。

3枚目のカードを引く場合

はじめにプレイヤーもバンカーもカードは2枚ずつあります。
それぞれをめくってその数字で勝敗が決まる場合もあれば、プレイヤーだけ3枚目を引くケースや、バンカーも3枚目を引いてお互い3枚のカードの合計で勝負となるケースもあります。

3枚目を引かないパターン

・最初の2枚の合計が『8』または『9』だった場合は、3枚目を引かずその数字で勝負する。(ナチュラルと言います、ナチュラルナインが最強です)
・プレイヤーの最初の2枚の合計が『6以上』の場合。
・バンカーの最初の2枚の合計が『7以上』の場合。

プレイヤーが3枚目を引くパターン

・最初の2枚の合計が『5以下』の場合。

バンカーが3枚目を引くパターン

・最初の2枚の合計が『6以下』でなおかつプレイヤーの合計がバンカーより高い場合。

こうしてみると、ちょっとややこしいイメージを持たれるかもしれません。
しかし安心してください。

カジノではバカラのゲーム進行はすべてディーラーが行ってくれます。
上記のルールを理解していなくても勝手にゲームは進行しますし、ルールをわかっていなかったからと言って勝率に影響することはありません。
あくまでバカラはプレイヤーとバンカーの『どっちが勝つか』に賭けるゲームだからです。

引き分け(タイ)

バカラには引き分けがあります。
プレイヤーとバンカーのカードが出そろって同じ数字の場合は引き分けです。
バカラ最強のナチュラルナインが出たとしても、お互いに『9』であれば引き分けとなります。

ゲームの流れ

  1. BETをする
    BACCARAT1
    プレイヤーまたはバンカーのどちらか勝つと思う方に賭けます。
    プレイヤーかバンカーの一方にしか賭けることができませんが、引き分け(タイ)には同時に賭けることができます。
  2. カードが配られる
    BACCARAT2
    ゲームが開始になったらプレイヤーとバンカーにそれぞれカードが2枚ずつ配られます。
  3. カードをめくる
    BACCARAT3
    カードをめくったら、2枚のカードの合計で勝負となります。
  4. 勝負がつく or 3枚目のカードを引く
    BACCARAT4
    プレイヤーとバンカーそれぞれのカードをめくって勝負がつく、または出目次第で3枚目のカードを引きます。
  5. 配当 or 賭け金の回収
    カードが出そろったら、お互いの合計が9に近い方が勝ちとなります。
    勝った方に賭けていた場合は、掛け金が2倍になって戻ってきます。
    負けた方に賭けていた場合は、全額回収されます。

配当とコミッション

バカラの配当は、プレイヤーに賭けた場合とバンカーに賭けた場合で異なります。

賭けた結果配当コミッション(手数料)
賭けた方が負けた場合全額没収なし
プレイヤーに賭けて勝った場合100%なし
バンカーに賭けて勝った場合100%5%
プレイヤーまたはバンカーに賭けて、なおかつ引き分け(タイ)に賭けて引き分けだった場合800%
※プレイヤーやバンカーに賭けたお金は戻ってくる。
なし

上記がバカラの基本的な配当とコミッションです。
プレイヤーバンカー共に勝つと掛け金と同額が配当としてもらえます。
引き分け(タイ)で当たった場合は掛け金の8倍がもらえます。
ただし、バンカーに賭けて勝った場合のみ、コミッションという名の手数料(掛け金の5%)が差し引かれます。

例①)バンカーに10ドル賭けて勝った場合

配当:10ドル
コミッション:0.5ドル
もらえるお金:9.5ドル
持ち金:19.5ドル

例②)プレイヤーに10ドル賭けて勝った場合

配当:10ドル
コミッション:0ドル
もらえるお金:10ドル
持ち金:20ドル

コミッションが引かれることを考えると、プレイヤーで勝つ方がいいですよね。
ただ、バカラでプレイヤーとバンカーそれぞれが勝つ確率を見た場合、若干ですがバンカーの方が勝率が高くなっています。

これはあくまで理論値ですが、こういった状況からバンカーが勝った場合にのみコミッションを取られる仕組みとなっているのです。
ちなみに、バンカーの方が勝つ確率が高くなっていると言いましたが、その差は1%あるかないか程度の差です。

また、引き分け(タイ)が当たる確率はおよそ10%あるかないかくらいの確率となっています。

罫線ってなに?

keisen
罫線とは、バカラのゲーム結果をメモしておくものです。
オンラインカジノでは画面上に罫線が表示されるので自分で書く必要はありませんが、意味は理解しておいた方がよりバカラを楽しむことができるでしょう。

上記の図の通り、罫線は勝った方の色で丸印を付けていきます。
バンカーまたはプレイヤーが連勝した場合は縦に丸印が伸びていきます。

バカラでは、この罫線でゲームの流れを読みながら次のBETを決めていきます。
例えば、バンカーが連勝を続けている場合(連勝が続くことを「ツラ」といいます)、また次もバンカーが勝つと予測します。
あるいは、プレイヤーとバンカーの勝ちが交互にずっと続いている場合は、同じような流れが来ると読んで賭けたりします。

この罫線の読み方は人それぞれなので、絶対というものはありません。
あくまで勝敗の予測をする為の参考データです。

バカラの楽しみ方

実際のカジノでは、バカラの楽しみと言えば「カード絞り」があります。
カード絞り

1枚目のカードをディーラーがオープンしたら、2枚目を一番多くBETした人がめくるのですが、この時ただめくるのではなくゆっくりと絞るようにカードをめくっていくのです。

しかし、オンラインカジノではカードを絞る事はできません。
これを残念ととらえる方もいらっしゃるかもしれませんが、絞りがない事でゲームの進行がかなりスムーズになります。

ではどのようにバカラを楽しむかと言えば、シンプルに勝負を楽しむことです。
先ほどご紹介した罫線を参考にゲームを進めていきます。

バカラの勝敗は、ほぼ50%です。
しかし、罫線を見ていると「次は絶対にバンカーが勝つ」と思える瞬間があったりします。
こういうチャンスの時には、普段よりも大きくBETすることで最終的に持ち金を増やすことができるのです。

リアルなライブバカラが楽しめるオンラインカジノについては、関連記事「ライブバカラを比較してわかったおすすめオンラインカジノ」で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。